レバレッジ

テコの原理

FXの大きな特徴の一つに「レバレッジ」があります。聞きなれない言葉かもしれませんがが、レバレッジとは「てこ」の意味です。

先物取引や株の信用取引の経験がある方にはお馴染みの言葉かも知れません。
またロバートキヨサキ氏が書いた「金持ち父さん貧乏父さん」シリーズでは不動産投資でもこの言葉をよく使っていました。

レバレッジの効果

レバレッジを利用することによって、投資家は証拠金の数十倍までの金額の外貨を取引できますから、比較的少額の資金で取引をはじめることができます。

例えば1ドルが100円のときに円を売ってドルを買う場合、10000通貨単位(10000ドル)が最小の取引単位となりますので(最近は1000通貨単位の業者もあります)、
レバレッジなしの場合、最小単位の取引に100万円を証拠金として預けなくてはいけなくなってしまいます。

しかし、レバレッジ10倍ならばだいたいその10分の一の金額、
20倍なら約20分の一の額で取引が可能となるのです。

レバレッジは諸刃の剣

レバレッジを効かせると手持ちの資金の数十倍の額を動かせるようになるため、うまく利用すると大きく利益を伸ばすことができます。しかし逆に言うと、ポジションが思惑の反対方向にいくと損失の額も大きくなってしまうので注意が必要です。

レバレッジを利用した投資においては知らず知らずのうちに、想像以上の大きなポジションになっていることもありますので、損失の許容度を超えた場合のロスカットを徹底するなどの対策が必要でしょう。

FX初心者の第一歩

はじめてFXに挑戦する方には
http://www.lfx.jp/
実際のお金を使っていきなりトレードするのはちょっと不安・・・。FXに初めて挑戦する方であれば、誰もがそう思うかもしれません。そうした場合は、バーチャルなトレードで取引のルールやトレード方法を勉強してからでも遅くはありません。FXで肝心なのは、チャートの見方やトレンドの予想はもちろんですが、資金管理やレバレッジの管理なども大切なことです。為替相場は生き物ですから、しっかりデモトレードなどで準備をしてから、実際の相場に挑戦してみてください。
レバレッジと取引量
教えて!goo>マナー>投資・融資>為替FX
よくレバレッジ100倍とか200倍で、1Lot10,000通貨などという証券会社がありますが、 Lot数をあげれば当然レバレッジも上がるのではないでしょうか?